KKMOON製の監視カメラ「The Ball」というのをAmazonから購入した。添付されていたQuick Start Guideを見ると、V1.3 2017-05-10 となっているので、発売されてから2ヵ月ぐらいの新商品なのか・・・。
中国製だが以外にも短期間で入手することが出来た。
屋外に設置するので、カメラの設置方法と、12V電源とEthernetを家の中から外へ通す方法が大きな課題だった。
配策の為の壁をくり貫く工事は、外気温が高い中、時間のかかる困難な作業だったので大変苦労した。
カメラの取付けでは、家の外壁に取り付けるのでは、監視カメラの設置場所としては適切さを欠いていたので、ベランダの手すり部分を使い、先ずそこに2x4木材を片持ち梁にして固定し、梁の先端部分に写真のようにカメラを固定した。これで、カメラはリモコンにより、家の南側と東側どちらでも監視対象に出来る。
電源とLANケーブルを配線し、添付のCDに入っているマニュアルを見て、早速PCにソフトをインストールした。日本語の説明が一切無いので、英文の説明に添付されている絵を見ながら試行錯誤してやった。PCにLive画像が映る様になったが、カメラのリモート機能が動かない・・・。手を添えてやれば動くかなぁ・・・と思ったが硬くて動きそうにないので、無理をせずにマニュアルにある通りリセットボタンを15秒以上押してみた。暫くするとリモート機能が動くようになった!

このカメラには、MicroSDカードの機能は付いていなかった。WiFi機能は有ってAndroid端末からPCと同じようにLive画像を見ることが出来た。アラーム機能の中にモーション検知機能があるとマニュアルには記載されていて、モーションを検知できるエリアを4か所設けられると書いてあるが、マニュアルと同じ設定画面がどうやっても表示されない・・・。添付されていたソフトのより新しいバージョンのものが入手できないかとネットを探し回ったが、徒労に終わった。それで、「モーション検知は出来ないんだ!」と諦めていたが、拙宅のNAS(QNAP TS-469 Pro )をFTPサーバーとして、このカメラのデータを転送する機能を設定しようとしていた際に、QNAPライセンスストアから「Camera Channel」というアプリを入手(無料)し、その中の機能にモーション検知があることが分かった。

Camera Channel の設定時、NAS内に記録した画像が見られるだろうかと心配したが、モーション検知した画像はjpeg記録され、問題無く見る事が出来た。また、モーション検知した際の動画は.264形式で、これも問題無く見ることが出来た。.aviで記録された5分毎の映像は、Windows Media Player で見ることが出来た。商品に添付されていたアプリケーションがマニュアル通りに動けば、便利に使える筈だが、そのソフトは、カメラのLive画像を見たり、画像位置を変更する程度の利用価値しかなく、記録とモーション検出はQNAPのソフトで行うことにした。モーション検出は上手く出来ているようなので、僕は、このカメラの画像記録用に、専用のQNAP NAS(QNAP TS-231P) を新たに購入することにした。